まみこのお絵描き帳2

絵描きの大したことない日常と作品紹介。

タグ:絵画教室

昨日は父の誕生日でした。

高齢ですが、
まだまたわがまま気まま、
元気いっぱいです。

有難いことです。


ホームでは父より若い方や同年齢の方に
絵を描いていただいますが、
お会いした頃と比べて
認識が曖昧になってこられた方も
いらっしゃいます。
ご家族のご苦労を考えてしまいます。

いつかいく道、

わが道も同じです。



出来るだけ長く
頭も体も健康で過ごしたいものですね。






IMG_20190323_012443


先日のホームでの作品。
ショートステイでサクラソウを描きました。

花の絵を描いています。
作品はこちらでご覧ください💗http://teraokamamiko.com/
LINEでblog更新のお知らせを受け取れます🎵




主な展覧会情報
2020年11月 個展@ギャラリーノイボイ(八事)







先日のホームでの絵画教室は
色画用紙を使って
椿を描きました。


IMG_20190222_233806




こちらの教室では、
赤い画用紙を自分で丸く、
雌しべ雄しべも丸く黄色の画用紙を使って、
葉っぱは濃い緑の画用紙を切り取ってもらいました。

そして、ノリで貼り付けていきます。

貼り付ける順番と
糊を塗る場所に気を付けてもらいました。

仕上げに雌しべ雄しべの部分に線を引いたり
綿棒で絵の具をペタペタしました。

描くことがちょっと苦手な方が多いです。(^_^ゞ

完成した作品は
それぞれの形で個性的になりました☺️



IMG_20190222_233912




こちらの教室では、
切ることが難しいようなので、
あらかじめ切ってきた椿の形の画用紙を
好きな位置にノリで貼り付けてもらいました。

仕上げは同じく
鉛筆での線書きと綿棒です。



みなさん、楽しく作っていただけたようです。

時間内にうまく運び安堵しました。

スタッフの皆さんにも手伝っていただいたお陰です。


さて、次は何を描こうかな?
考えるのが大変なんです😃💕

花の絵を描いています。
作品はこちらでご覧ください💗http://teraokamamiko.com/
LINEでblog更新のお知らせを受け取れます🎵



主な展覧会情報
2020年11月 個展@ギャラリーノイボイ(八事)









今日は、ホームでの絵画教室でした。

過去2回やっている💦
スタンプを使って梅の花を描きました。


スタンプは毎回好評です。

今回は葉っぱも加えてもらいました。





Project Capture (14)






同じスタンプを使っているんですが、

皆さん違う作品に仕上がりました。



さて、来週はなにをしようかな。(^_^ゞ
考えなきゃ❗

花の絵を描いています。
作品はこちらでご覧ください💗http://teraokamamiko.com/
LINEでblog更新のお知らせを受け取れます🎵


展覧会情報
⭕7月19日~8月26日 小さな絵の展覧会@スペースプリズムギャラリー(久屋大通)
11月17日~28日 作品展@ギャラリーかんしょ(大須)








小さな絵の展覧会、開催中。








7月のケアハウスでの絵画教室は


夏野菜がモティーフでした。




IMG_20180711_141630






3階の方たちの作品。

最近、人数が少ない日がちらほらあります☺️

指導する側からはお一人お一人を
丁寧に見られるのでありがたい☺️






IMG_20180724_142238







1階の方の作品。
白い茄子を見つけたので持っていったら
皆さんの食い付きが半端なかったです。☺️





ちゃちゃっと描いた見本を持って帰るのを忘れてしまいました💦

何となく恥ずかしい💦

先日のホームでの絵画教室では
クリスマスカードを色紙に作りました。

切ったり貼ったり描いたり、
楽しんでいただけたかな(^-^)

2つのクラスを受け持っています。
一つ目の講座の作品

IMG_20171213_142350_1


切るのは難しい方々が多いので、
貼る、描く、を中心に作品作りをしました。

2つ目の講座の作品です。

IMG_20171214_144034


こちらの方々は
見本を良く参考にされます。
アイデアもいっぱい。(^.^)


初めて私が受け持ったときは、
描いてる方が楽だわ~
って言ってみえるかたもあったのですが、
二回目になると
慣れていただけたようです。

講座の終わりには
またねー
って、声をかけていただけました❤

また来年も描くだけでない講座を展開できたら~
っと、思っています。
内容をひねり出すのが大変ですが…_(^^;)ゞ

このページのトップヘ